pagetop

NEWS & 主張

「推進法」の理念深めると〜新議長教団に真宗大谷派
同宗連 第37回総会

「解放新聞」(2017.05.01-2809)

  『同和問題』にとりくむ宗教教団連帯会議(同宗連)が、第37回総会を4月10日午後、京都市内のしんらん交流館でひらいた。全加盟65教団のうち62教団が出席、2016年度事業報告、2017年度事業計画などを承認、第19期の役員選出などをおこなった。新議長は真宗大谷派の木越渉・解放運動推進本部長。
 木越渉・新議長は「このたいせつな学びの場、そのたいへんな仕事をすすめるにあたって、私自身、力不足を自覚しながら、みなさまのよき指導のもと、この重責を務めてまいりたい」と就任の決意をのべた。

 開会あいさつでは林光俊・議長(天台宗社会部長)が、3月14日の天台宗の役員交代で新しく就任した杜多道雄・宗務総長のもと責任役員となり、角本尚雄・前議長の後任として指名を受けたと報告。同宗連の一員として研鑽を積むとともに、「部落差別解消推進法」の理念を広め、部落差別のない社会の実現に向けて連帯を強固にし、とりくみをすすめるとのべた。

 部落解放同盟からは西島書記長が出席し、来賓あいさつ。「同宗連」の長年のとりくみが「推進法」実現に結びついたことに謝意を表明、この法律を具体化し実効性を高めるためにも、「同宗連」の運動のさらなる展開に期待しつつ、われわれも一緒にひき続き努力することを誓う、とのべた。

第19期「同宗連」役員
議 長 木越 渉 真宗大谷派
副議長 山階 昭雄 浄土真宗本願寺派
原 乙司 世界救世教いづのめ教団
林 光俊 天台宗
事務局長 寺田 正寛 真宗大谷派
企画委員長 幸島 正導 浄土宗
広報委員長 小林 太典 金光教
幹 事 木戸 教雄 真言宗醍醐派
藤田 寛蹊 臨済宗大徳寺派

 

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)