pagetop

NEWS & 主張

広がれ子ども食堂の輪−香川県内で11か所運営−

「解放新聞」(2017.05.15-2810)

 【香川支局】 「広がれこども食堂の輪-全国ツアー in かがわ」が2月25日、高松市・香川県社会福祉センターでひらかれた。

 香川おもいやりネットワークの尾崎民子・運営委員長が「子ども食堂は、子どもだけでなく、地域の大人たちの居場所である。県内各地でとりくみを広げていこう」と主催者あいさつをおこなった。

 浜田恵造・県知事の来賓あいさつがあり、映画「さとにきたらええやん」(大阪・釜ケ崎にある「こどもの里」をとりあげたドキュメンタリー)の上映や、子ども食堂の名づけ親の近藤博子さん(気まぐれ八百屋だんだん店主)の講演、また、子ども食堂の普及に向けてシンポジウムがおこなわれた。

 県内では昨年12月現在、高松市内7か所、観音寺、善通寺、丸亀の各市、三木町にそれぞれ1か所、あわせて11か所で子ども食堂が運営されている。

 最後に、数だけ増やすことよりも地域ぐるみでのとりくみが大切、と参加者によびかけて閉会した。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)