pagetop

NEWS & 主張

ワカメ加工に参加〜石巻(宮城県)で東日本大震災支援

「解放新聞」(2017.05.22-2811)

 【兵庫支局】 県連は4月11日から4日間の日程で、東日本大震災支援行動をおこなった。宮城県石巻市で水揚げされたワカメを加工する作業に6人が参加した。支援行動は今回で11回目。

 ワカメ漁は、それぞれの湾で時期をずらしながら刈りとっているが、訪れた4月は最盛期。加工場では、まずワカメの根元部分に葉を伸ばしている「元葉(もとは)」がもっとも美味しく高い値段で売れるので、そこをていねいに切り取る作業をおこなった。

 つぎにワカメの芯の両横に生えている葉をはぎ取り、芯とつながっていた部分などをカッターナイフで切り取った。この加工場のワカメは「西條さんのワカメ」としてブランド化されている。この支援先は大室南部神楽のリーダーで十三浜漁協の佐藤清吾・元組合長を通じて設定された。

 支援行動でワカメの加工作業を2日間おこない、4日目は日和山公園に登り、石巻市沿岸の復興状況を確認した。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)