pagetop

NEWS & 主張

「共謀罪」許さない〜集会後にピースウォーク
平和憲法を生かす香川県民の会

「解放新聞」(2017.06.05-2813)

 【香川支局】 「戦争法廃止!共謀罪、改憲を許さない!」をスローガンに平和憲法を生かす香川県民の会が5月3日、高松市・香川県社会福祉総合センターで第17回総会と講演会をひらき、300人が参加。終了後はピースウォークもおこなった。

 総会では、活動報告、活動方針などを一括提案して、それぞれ承認。とくに活動方針では、「戦争法廃止」「共謀罪・憲法改悪阻止」するためのとりくみ、沖縄新基地建設に反対して沖縄と連帯したとりくみ、平和憲法を生かした教科書採択を求めるとりくみを重点にしておこなうことを確認した。

 最後に「安倍政権による憲法改悪を絶対に許さず、若者や子どもたちに平和を手渡すために、行動し続けることを宣言する」アピールを採択した。

 総会後は、「「国防と憲法に直面する人々」=〜南西諸島へのミサイル配備をめぐって」と題して、ノンフィクション作家の島本慈子さんが記念講演した。宮古島への陸上自衛隊ミサイル部隊配備からみた国防の最前線と憲法の課題について語った。講演が終了後、参加者は街頭に出てデモ行進。「平和憲法を生かそう」と市民によびかけた。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)