pagetop

NEWS & 主張

「どこが同和地区か」 〜県立図書館に差別問い合わせ
香川

「解放新聞」(2018.03.26-2852)

 【香川支局】 2月26日午後4時頃、高松市内の県立図書館に男性(70歳代後半とみられ、名前・住所は不詳)が来館し、レファレンスカウンターで「同和対策の資料がないか」と問い合わせをおこなった。対応した担当者が「具体的にどのような資料が必要か」とたずねると、「愛媛県新居浜市のどこが同和地区か知りたい」と語った。

 担当者は「県では、日頃から、全庁をあげてさまざまな差別の解消に努めている。差別につながるような資料の提供はできない。資料の所蔵の有無も含めて答えられない」と説明。男性が「一般的な同和対策資料はあるか」と聞いてきたため、一般書架の場所を教えた。

 このあと、県立図書館では、館内での情報共有をはかるとともに、県教育委員会事務局を通じて県人権・同和政策本部(人権・同和政策課)への報告をおこなった。

 県からは市町、県連へ情報提供をおこなった。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)