pagetop

NEWS & 主張

地域から女性運動広げて
全国女性運動部長会議

「解放新聞」(2018.09.17-2875)

 第75期第1回全国女性運動部長会議を9月3日、大阪市・HRCビルでひらき、16都府県連から28人が参加した。部落解放第75回全国女性集会の総括を各都府県連から報告するとともに、今後の全体会や分科会の運営について討議をおこなった。第75期運動方針での女性運動部関係、男女平等社会実現のとりくみにかかわる方針を確認。また、第75・76期中央女性運動部の体制も確認。今期から関東ブロックと九州ブロックから新たにそれぞれ一人ずつ部員を増やした。

 会議後には学習講演として①広島県連の男女平等社会推進本部がとりくんだ家事分担実態調査②「男女平等社会実現基本方針」について学習した。

 山﨑女性運動部長はあいさつで、順次開催を予定している全国ブロック別中央解放学校の学習でハラスメントや男女平等社会の実現に向けた学習をとり入れていくと報告。各地の推進本部の実践などを共有し、地域から男女平等社会の実現をめざしていこうとよびかけた。報告事項では、第75回全国大会、第63回全国女性集会の参加状況報告に続き、各都府県からの総括があった。開催地の和歌山の代表者からは、「なにより全女の成功が私たちの自信になった」とのべ、協力にお礼をのべた。次回の開催地・徳島からは、共闘する仲間と運動の輪を広げ頑張りたい、と抱負が語られた。(詳報次号以降掲載予定)

第75・76期中央女性運動部

女性運動部長
山﨑 鈴子(愛知)
女性運動部副部長
植村 あけみ(兵庫)
中央女性運動部
岸本 佐恵子(東京)、 小野寺 あや(埼玉)、 新谷 章恵(京都)、 森本 鶴美(奈良)、 中田 理惠子(大阪)、 広中 恵美子(広島)、 田中 真理子(福岡)、 松永 信子(熊本)
 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)