pagetop

NEWS & 主張

改憲発議阻止を誓う〜国会正門前に1万8000人

「解放新聞」(2018.11.19-2883)

日本国憲法公布から72年目の日、国会正門前に18000人が結集し、改憲発議阻止を誓った(11月3日・東京)

 「止めよう!改憲発議 この憲法で未来をつくる11・3国会前大行動」が11月3日午後、国会議事堂の正門前を中心にひらかれ、1万8000人が参加した。沖縄の民意を無視して辺野古新基地建設を再開し、改憲発議も強行しようとする安倍政権を糾弾し、新基地建設阻止・改憲発議阻止へ全力で闘おうと誓った。

 部落解放同盟も関東ブロックを中心に参加した。

 主催は「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」と「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」。福山真劫・総がかり行動実行委共同代表は「第2次安倍政権誕生から6年。安倍政権が憲法を破壊しながら軍事大国へと暴走を続け、一強政治で権力を私物化し、ウソの政治と無責任政治を拡大させ、官僚機構も腐り続けている。貧困と格差の拡大をアベノミクスで強い続けている。ぜったいに許さない。全国から包囲し、ひきずりおろそう」と主催者あいさつ。

 立憲野党の国会議員4人と憲法学者ら6人が発言。行動提起で、改憲発議阻止、辺野古新基地建設阻止、朝鮮・韓国の民衆とともに北東アジアの平和を実現、の3つの柱を確認した。

 

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)