pagetop

NEWS & 主張

狭山再審の実現を〜女性たちが東京で要請行動

「解放新聞」(2018.12.17-2887)

東京高裁前に中央女性運動部と18都府県連の女性が集まり、要請行動を行った(12月6日・東京)

東京高裁前に中央女性運動部と18都府県連の女性が集まり、要請行動を行った(12月6日・東京)

 重要な局面にある狭山事件の事実調べ --再審を実現するため、12月6日、中央女性運動部をはじめ19都府県連の女性たちが東京高裁前に結集、「女性部による狭山要請行動」にとりくんだ。冷たい雨のなか、東京高裁前を中心に、正午からビラ配布など情宣行動を展開。代表20人が東京高裁と東京高検を訪れて、それぞれ各地からの要請書を提出し、思いを訴えた。

 第2回全国女性運動部長会議(2883号既報)での確認をふまえたとりくみ。高裁、高検への要請後は、東京・中央本部に71人が集まり、各要請団の代表が行動を報告。片岡狭山闘争本部長を講師に「狭山再審闘争の現状と課題」についての学習会をおこなった。組坂委員長もかけつけて再審勝利への決意を語った。

 高裁前に集まった女性たちを前に、山﨑女性運動部長は「雨のなか、本当にご苦労さま。石川一雄さんは来年の誕生日で80歳。なんとしてでも、元気なうちに勝利し、ご両親のお墓参りをさせてあげたい。女性がみんなで要請行動やピーアールをしていくことが、本当に大事です。長いながい狭山闘争ですけれども、あと一歩。下山第2鑑定も出ました。あと一歩、証人尋問をさせる。そういうとりくみをがんばりましょう」とよびかけた。

 正午に高裁前でビラ配布などの情宣活動を開始。高検へは、山﨑部長を先頭に20人が訪れて要請。高裁へは植村副部長を先頭に20人が訪れて要請した。

 

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)